PHILOSOPHY

企業哲学・
経営哲学

経営哲学・企業理念

志の苦行

永田イズムを読む

永田良一著書紹介

『心を洗う 断捨離と空海』(かざひの文庫/2018.03.10 発行、共著)
『新・資本主義宣言、 7つの未来設計図』毎日新聞社/2013.07.06 発行、共著)
『“幸福の国”ブータンに学ぶ 幸せを育む生き方』(同文舘出版/2011.11.12発行)
『大切にしたい働くこころ-その尊きちから』(同文舘出版/2007.09.25 発行)

企業哲学

企業理念

環境、生命、人材を大切にする会社であり続ける。

SNBLロゴ

新日本科学の企業理念は、ロゴマークの青と緑と紺の3色に託されています。青は「環境」を指し、青い空、青い海、素晴らしい地球、美しい環境を永遠に保とう、という意味が込められています。緑は「生命」を象徴し、かけがえのない生命、大切な命に畏敬の念を持ち続けようと呼びかけていることを意味します。そして、紺は「人材」を意味し、社会の財産である「人財」、「人」が人財であるために必要な「心」を大切にしようという理念があります。

使命

私達は、創薬と医療技術の向上を支援し、人類を苦痛から解放する事を絶対的な使命とします。

倫理綱領

私達は、憲法の精神を支持し、法令を厳守し、社会規範を尊重し、知的な紳士・淑女として社会の模範となることを強く意識して行動します。

倫理綱領五ヶ条

  • 一、 私は、良識のある大人の社会人と言われる言動を約束します。
  • 二、 私は、帰属する組織の名誉を代表していることを認識しています。
  • 三、 私は、いかなるときも企業理念と倫理綱領に立脚した行動をとります。
  • 四、 私は、業務上で知り得た個人と企業の秘密保持を厳守します。
  • 五、 私は、不正行為が罰せられる前に自らそれを罰する勇気を持ちます。

行動指針五ヶ条

  • 一、 私は、即実行する社員です。
  • 二、 私は、誠心誠意尽くす社員です。
  • 三、 私は、真実を伝える社員です。
  • 四、 私は、先見性を持つ社員です。
  • 五、 私は、仕事に誇りと責任を持つ社員です。

誓言十二ヶ条

  • 一、 私達は、地球の環境保全に参画しています。(環境保全)
  • 二、 私達は、何よりも命に敬意を払います。(生命の尊厳)
  • 三、 私達は、人類の健康回復を支援しています。(創薬支援)
  • 四、 私達は、人類の健康増進を応援しています。(健康増進)
  • 五、 私達は、人類の医療向上に寄与しています。(医療向上)
  • 六、 私達は、人類の疾病予防に挑戦しています。(予防衛生)
  • 七、 私達は、絶対的な安心を追求しています。(人権保全)
  • 八、 私達は、研究の安全基準を遵守しています。(法令遵守)
  • 九、 私達は、積極的に協働しています。(仕事の姿勢)
  • 十、 私達は、確実性を大切にしています。(評価の基準)
  • 十一、 私達は、仕事とともに成長しています。(成長志向)
  • 十二、 私達は、人類の幸福に貢献しています。(仕事の目的)

誓い

私は我と我が生命を信じます。

身(しん)を洗い、
口( く )を磨き、
意( い )を高め、
しなやかに強く、優しくたくましい精神を培います。

苦難にあっては、これを智慧の試練と受け止め、
安堵の境地を、慈悲として人と分かち合います。

心の饒舌を戒め、我が内なる生命の声に耳を澄ませます。

日々 精神を鍛えて精進し、光を我が熱き力として前進します。

我が生命のために、全ての生命のために、
生かされている力の限りを以て、尽くすことを誓います。

経営哲学

経営理念

会社と社員が共に成長する職場であり続ける。

  • 一、 私は、大欲を持って事業を行います。
  • 二、私は、社会に貢献する組織作りに努めます。
  • 三、 私は、利益を社会と株主に還元できる経営を行います。
  • 四、 私は、新規事業のリスクを恐れず、勝利するまで挑戦し続けます。
  • 五、 私は、経営方針を明確に示し、全社員に共通の目的意識を持たせます。
  • 六、 私は、明確な指揮命令系統と機動力のある柔軟な組織を創ります。
  • 七、 私は、ガラス張りの経営を行い、情報の共有化ができる職場環境を創ります。
  • 八、 私は、経営者マインドと卓越した能力を持つリーダーを養成します。
  • 九、 私は、いかなる困難があっても、事業の自己責任を完遂します。
  • 十、 私は、自らレセプターの感受性を高め、自己実現を達成します。
  • 十一、 私は、顧客とこころのシンクロナイズを徹底して維持します。
  • 十二、 私は、人類の健康・保健・医療に貢献する企業を目指します。

実験動物愛護理念

公的研究費の配分等を受けて行う研究活動

ヘルスリテラシー

TOP