DIVERSITY

ダイバーシティ

新日本科学は、「環境、生命、人材を大切にする会社であり続ける」という企業理念を掲げています。

新日本科学グループの一員として希求される行動規範は、「新日本科学コンプライアンス行動指針(2004年6月発効)」に定めています。この行動指針には、「私達は、性別、年齢、学歴、財産、人種、民族、言語、国籍、出身地、容姿、身体・知的機能のハンデキャップ、宗教・政治的信念、思想信条などの理由によって人を差別せず、相手の人格を尊重し、相互理解して協力し合う」ことが明確に定めてあり、その指針に沿った種々の規定を作成し、指針を具現化して参りました。

先ず、2007年には、「事業所併設託児所」を設置し、その後、早期復帰支援の補助金支給制度を始め、女性が安心して働ける環境整備を実現しました。同時期に、全社員を対象として、独自の検査項目を加えた健康診断を標準化しました。11年には、障がい者雇用促進を目的にした特例子会社「ふれあい・ささえあい株式会社」(鹿児島県初)を設立、多様性の受容を推進し、すべての社員がライフワークバランスをとりながら働ける環境を整えて来ています。

弊社におけるダイバーシティとは、人種、宗教、障がい、性別、年齢等の属性に多様性があるというだけではなく、個々が二人称、三人称の視点を持って互いを尊重し、相互理解することを意味します。それぞれの強みを活かし、弱みを補完でき、感謝し合う組織を構築しています。その結果、継続的なイノベーション創出につながり、持続性ある経営を推進し、社会に対する責任を果たすことになります。

「わたしも幸せ、あなたも幸せ、みんな幸せ」(商標登録)という独自のスローガンを掲げ、すべての社員がより一層活き活きと輝きながら、個々が成長できる企業を目指しています。創業の地である鹿児島県内の多くの企業の皆さまにも女性活躍の輪が広がることを願って、県内各地で事例紹介講演会を行うなど、積極的に社外に情報を発信しております。

永田良一

TOP