GOVERNANCE

企業統治

企業統治

経営理念の浸透

2008年以降、毎月1回、各部門から幹部を集め、経営トップが直接、労働環境、残業状況、社員の健康状況、交通事故、労働災害などについて各部門と情報共有し、当社の経営理念に基づいて、社員の働き方改革を進めております。このような活動が"くるみん、えるぼし、ホワイト500"の認定につながっています。

SNBL アカデミーの設置

計画的に、継続的に社員研修を実施するために社内に独立した研修管理部門を設けています。入社後10年間の教育カリキュラムを構築しており、その間に優秀な成績をおさめた人材はマネージメント研修を受講します。また、中堅社員の中で本人が希望し、上長の推薦があると永田塾への入塾が認められ、独特の教育プログラムで3か月ごとに経営トップと2~3日の合宿を行うほか、経営トップの海外出張に同行して経営理念を直接学ぶ機会が与えられます。さらに、塾生の中で特に優秀な人材は、永田大学校への入校が認められ、役員候補としての教育が受けられます。このような教育システムの構築が極めて低い退職率につながっています。

中立的な企業統治

社外監査役と社外取締役を設置し、学界や財界で著名な方々を顧問として招聘しております。また、社内には、内部監査部門、コンプライアンス統括部門を設置して、中立的に内部調査を実施しています。また、社員は「誰でも」、「いつでも」、当社の顧問弁護士に相談できるようになっています。このような組織を構築することで風通しが良くなり、効率的で合理的な企業統治を維持しています。


TOP