T.T.さん

経営管理部
事務職
2010年入社

数字と向き合い、
経営・組織を動かす

大学では、政治学を専攻していました。地元で就職活動をしていたところ、たまたま当社の安全性研究所で働いていた知人から紹介してもらったのが、新日本科学との出会いです。鹿児島の大企業として地域に貢献していること、若手社員が多く、医療分野で今後安定して成長していく会社であることを知り、入社を決意しました。 最初に配属された経理部では、財務会計の基礎を学びました。財務の知識が何もなかった私に多くの先輩方が知識と実践の両面からご指導下さり、そのおかげで今の自分があると深く感謝しています。

その後、購買部で試薬等の調達管理(見積・発注・検収・納期管理)や、人事部で採用・福利厚生制度の運用などの業務を経て、現在は経営管理部で会社全体の計画策定、予算や実績管理のほか、M&A推進や改善提案に向けた分析等を行っています。M&Aなどの個別プロジェクトにおいては、当社グループに与える影響・リスクをまとめ、経営陣に判断を仰ぐ機会がありました。それを踏まえた意思決定によって会社の利益に大きく貢献できた際には、大きな達成感を得られました。

自分の仕事が経営の意思決定に大きく影響を与えうるため、強いプレッシャーを感じる一方で、経営や組織を動かすことができたときには、とてもやりがいを感じます。経営管理部として求められることは、経営層と事業部の間に入って報告・連絡・相談を行うだけではなく、自分が経営者だったら「どのようなフィージビリティ(実現性)の高いシナリオが描けるか」という視点をもった判断や行動だと思います。今後は今まで以上にこの視点をもって、業務に励んで参りたいと思います。

新日本科学は大企業の中でも経営陣との距離が近い会社です。経営幹部になるための研修なども充実しており、若いうちから成長したいと考えている方におすすめします。ぜひ一緒に働きましょう。

TOP