S.W.さん

安全性研究所
研究職
2017年入社

世界を牽引する
スペシャリスト・
ジェネラリスト
であるために

試験全体のマネジメントをする試験責任者の卵として、先輩方に様々な指導をいただきながら、仕事をしています。試験責任者として働くためには社内で試験があり、それに合格する必要があります。初めは、省令(GLP:Good Laboratory Practice)やガイドラインといった試験実施のために守るべきルールを理解するのに、とても苦労しました。 現在、試験責任者として主にウイルスや細菌を用いる試験を担当しています。また、自分の担当以外の試験現場の操作も担当することで様々な試験について多角的に勉強することができています。

入社1年目からXUP活動を通して社会人に必要となるビジネススキルを学んでいます。また、永田塾予科生として経営者の考え方を社長から直接学んでいます。
XUP活動では、チームで会社のあるべき姿を考え、そのあるべき姿になるためのカイゼン活動を行っています。私は、チームのリーダーを務めたことで、チームを目標達成に導くためのリーダーシップ、社内の関係者に協力を得るためのコミュニケーション能力などを学ぶことができました。実際の活動では、社内であまり話したことが無い人とお昼ご飯を食べる「シャッフルランチ」を企画し、参加者からは新たなコミュニケーションのきっかけになったと好評を得ることができました。このように計画、行動といった一連の流れを体験することが、実際の仕事にも非常に役に立っていると思います。

永田塾予科生では、1年間定期的に社長による研修を受けることができ、研修合宿で社長と寝食を共にすることで、経営者の考え方、言動などを肌で感じることもできます。また、この1年間で100冊以上の本を読むことができたことは、自分にとっての自信となりました。

これから世界で活躍し、世界を引っ張っていく存在であるためには、一流のスペシャリストであると同時に、一流のジェネラリストとして、どんな課題にも直ちに対応できるような人材になる必要があると考えます。今後も会社の仲間と協力し合いながら、成長していきたいと思います。

新日本科学は自ら望めば自己成長の機会を与えてくれる会社です。一緒に学び、成長していき、新日本科学を盛り上げていってくれる皆さんをお待ちしています。

TOP