人材育成


Q.アカデミーについて教えてください。

・新日本科学グループは、人材こそ他社差別化を図り企業戦略を実現するための源泉と捉え、主にマネジメント力向上とマインドの醸成を目的として研修を実施しています。

 

・新入社員研修を始め、若手向け研修であるXUP、さらにその上管理職向けのマネジメント研修まで、入社から10年以上に亘る教育カリキュラムを実施しております。

 

・上記アカデミー研修に加え、各現場の教育グループでは専門知識・スキルアップ研修を提供、実務スキルの向上を図っております。マネジメント・ビジネススキル・人としての正しいマインドの醸成、これらを高次元で融合させた充実の社内教育環境を整えております。


Q.XUP活動(若手社員教育)内容について教えて下さい。

・XUP活動とは、会社の将来を担う時期リーダーの育成及び若手の早期戦力化を目的とし、新入社員から入社5年目社員までを対象とした教育プログラムです。

 

・1チーム10名前後のグループに分かれ、自ら設定したテーマの実現に向けて活動します。年間の計画、計画における論理的思考力、実行力、あるいはチーム活動を通じて育まれるチームワーク力や人間関係構築など、普遍的スキルを獲得することができます。

 

・XUP指導層はXUPを卒業した4~5年目の有志社員で構成され、1~3年目が行うXUP活動の支援・指導を行います。これにより指導層自身が、より高度なマネジメント力やリーダーシップ力を身に付け、将来の幹部候補となります。


Q.新入社員研修について教えて下さい。

・SNBL社員としての基礎作りと社会人に求められる基礎スキルの獲得を目的として、鹿児島で2週間の集合研修を実施しています。

 

・研修では動物舎見学、社長の経営理念に関する講義、理念理解に関する教育、人間学に関する研修などSNBL特有の研修を通じて、SNBL社員として将来活躍できる基盤を作ります。

 

・また、ビジネスマナー研修、コンプライアンス研修、チームワークに関する研修など、社会人に求められる基礎スキルをコンパクトかつ網羅的に実施しています。また、2週間の集団生活を通じて皆との協働の重要性を学ぶとともに、同期の強い絆を作っています。