新型コロナウイルス感染予防対策(過去)

新型コロナウイルス感染予防対策(過去)

  • すべての社員は、出社前に体温測定と自己健康観察を実施し、体温が37.0度以上や疑わしい症状がある場合は、出社せず、上司と健康管理課に報告する。本運用を2020年3月から開始し、8月末現在 本人発生116名、同居者発生168名の報告があり、個別に対応(自宅待機、出社可、病院での診察等)を指示した。なお、PCR陽性者の発生はない。
 

体調不良時の報告方法

入力ツール Googleアンケート
入力URL 本人発生時と本人以外(同居家族)発生時に分けた上で、発生時と発生翌日以降のURLを設定
入力方法 出社許可連絡があるまでは、朝・昼・夕の体温データ、自覚症状データなどの必要な情報を毎日入力。(土日、祝日含む)
入力期限 翌日の午前9:00まで
  ▶Googleアンケート 本人発生(疑い)時入力フォーム
  • 毎日午後5時前後(土日祝を含む)に、社員の健康状況について健康管理課の保健師から同課の常勤医師に報告。報告を受けた医師は、自宅待機/出社可/病院での診察など、個別に判断する。出社許可が出るまでは、社内の対応フローに基づき、自宅待機と健康観察を継続する。また、同居家族に発熱や体調不良者が生じた際も同様の対応とする。(下記、COVID-19 感染対応フロー参照)

TOP