ダイバーシティ(多様性)推進への取り組み

トップメッセージ

 新日本科学は、「環境、生命、人材を大切にする会社であり続ける」という企業理念を掲げています。

 また、新日本科学グループの一員として希求される行動規範を「新日本科学コンプライアンス行動指針(2004年6月発効)」に定めています。この行動指針には、「私達は、性別、年齢、学歴、財産、人種、民族、言語、国籍、出身地、容姿、身体・知的機能のハンデキャップ、宗教・政治的信念、思想信条などの理由によって人を差別せず、相手の人格を尊重し、相互理解ならびに一致協力する」ことを明確に定めて、その指針に沿った種々の対策を具現化してまいりました。

 

 具体的には、2007年に「事業所併設託児所」を設置し、女性が安心して働ける環境整備を推進して来ております。また、2011年には障がい者雇用促進を目的にした特例子会社「ふれあい・ささえあい株式会社」(鹿児島県初)を設立し、多様性の推進、すなわち、すべての社員がライフワークバランスをとりながら働ける環境を整えています。


 ダイバーシティとは、単に人種、宗教、障がい、性別、年齢等の属性に多様性があるというだけではなく、個々が二人称、三人称の視点を持って互いに尊重し、互いを受け入れて理解することで、それぞれの強みを活かし、補完できる組織構築が可能となります。結果、継続的なイノベーション創出につながり、持続性ある経営を推進し、社会に対する責任を果たすことになります。

 

 新日本科学は、「わたしも幸せ、あなたも幸せ、みんな幸せ」(商標登録)という独自のスローガンを掲げて、すべての社員がより一層活き活きと輝きながら、そして個々が成長できる企業を目指しています。また、当社創業の地である鹿児島県内企業の皆さまにも女性活躍の輪が広がることを願って、当社の事例紹介の講演会を行うなど、積極的に外部にも情報を発信しております。 

 

株式会社新日本科学

代表取締役会長兼社長

ジェンダーへの取り組み

・目標(行動計画:2016年策定)

 

管理職への女性登用を2021年までに28%まで引き上げます。そのために管理職向けの研修を充実させ、また、女性が早い段階から管理職を意識できるような環境を整備しています。

ダウンロード
株式会社新日本科学行動計画.pdf
PDFファイル 70.3 KB

・社内の取り組み

当社は、研究職が中心であり、長年にわたり男女差なく採用を実施しています。また、配置・昇進等について、性別等に関わらず、本人の意欲・能力を考慮し、適材適所を最優先に実施してきています。

さらに、指導的な立場に占める女性の割合を高めるため、行動計画に基づき、以下のような施策を実施しています。

 

入社時から管理職登用へのキャリアイメージを持ってもらうべく、新規学卒説明会や懇親会、採用面談にはロールモデルである女性管理職から説明を行い、働きやすい企業であること、女性が活躍している企業であることを伝え、入社後のキャリアイメージを早い段階から意識していただけるよう工夫しています。

 

キャリア形成に係る研修として、「マネジメント研修」、「永田塾」、「永田大学校」を実施しています。永田塾は課長クラス研修および将来の幹部候補(予科生)の研修、永田大学校は部長クラス研修であり、次のキャリアアップに繋がるスキルを取得するため社長自ら講師として研修を行っています。

 

 

永田塾研修@指宿ベイヒルズホテル
永田塾研修@指宿ベイヒルズホテル
永田塾予科生昼食@霧島研修所
永田塾予科生昼食@霧島研修所

 

 

女性が職場において十分な能力を発揮するために必要なものが何か、現場の声を吸い上げることができる仕組みとして「働くなでしこ委員会」を発足(平成26年7月)、女性活躍のための取り組みを推進し、保育料補助制度や半日有給休暇制度の導入(現在は2時間ごと)など、委員会から出された意見に基づいた具体的な制度が制定されています。

働くなでしこ委員会メンバー
働くなでしこ委員会メンバー
委員会の様子
委員会の様子

 

 

また、管理職登用後のフォローアップとして、事業部長や部長との定期面談を実施しており、管理職と能力が十運活かせるようなサポート体制を整えています。

 

  

・社外に向けた取組みや事例紹介について

◆内閣府の第4次男女共同参画基本計画に基づく科学技術振興機構の女子中高生の理系進路選択支援プログラムの鹿児島大学の取り組みにも参画し、2017年に女性役員が講演を実施しました。

https://www.kagoshima-u.ac.jp/atsuhime/2017/09/1016.html

◆一般社団法人日本電機工業会福岡支部(JEMA)の方が当社を訪問。先方からの求めに応じて当社事例紹介及び女性活躍のためのアドバイスを行い、意見交換を行いました(2017年11月10日)

◆鹿児島県内の複数の企業が当社を訪問。先方からの求めに応じて当社事例紹介及び女性活躍のためのアドバイスを行い、意見交換を行いました。(2018年7月25日)

◆鹿児島労働局 若手職員対象「職場の仕事」と「子育て」両立支援に関する研修において、当社女性役員が講演を行いました。(2018年9月21日)

 

・メディア紹介

〇生活情報誌クレセール「ガンバレ!子育て応援企業」にてえるぼし認定企業としての取り組みが掲載されました(平成29年1月Vol.55)

〇朝日新聞「かごしまLIFE」にて県内初のえるぼし認定企業としての取り組みが掲載されました(2017年4月22日)

〇南日本新聞「みなみネットワイド 鹿児島人物語」でえるぼし認定の中核を担った女性役員が掲載されました(2017年9月26日)

〇生活情報誌リビングかごしま「働くママのお仕事拝見」にて活躍する女性課長が掲載されました(2018年3月3日号)

〇南日本放送ふるさとかごしま「職場で、いきいきと活躍する女性たち!」(2018年2月10日)での会社取り組みが紹介されました

https://www.youtube.com/watch?v=HHAR9gV63JA

〇鹿児島放送スーパーJチャンネルにて活躍する女性課長が紹介されました(2018年3月23日)

仕事と育児・介護の両立支援

男女問わず継続勤務を進めるための取り組みとして、平成19年12月から事業所併設託児所を設置しまし、4年後には新築移転して定員を増員しました。平成21年2月には、「育児短時間勤務制度」を子供が小学校就学前まで拡充しました。また平成18年からテレワークを可能とし、遠方居住者や家庭の事情により従来であれば退職を選択していた労働者が継続勤務できる環境を整えています。その他、時差出勤制度や1/2、1/4有給休暇制度を導入しており、育児や介護などの支援体制を整えています。

2017年には鹿児島市イクボス推進同盟に参加し、男性育休取得率向上にも取り組んでいます。男性の育休取得可能な対象者への説明等を実施し、取得者数は着実に増加しています。

https://www.city.kagoshima.lg.jp/kosodate/kosodate/ikubosu.html

 

・育休を取得した男性従業員数

年度

2016

2017

2018

男性育休取得者数

0

1

5

働き方改革

社内に組織横断的に累計21の小委員会を作り、社員が「効率よく」、「安全に」、「安心して」働ける職場環境を構築するために継続的な活動を続けています。

2017年に発足した働き方改革委員会を中心に、所定外労働時間の削減を事業所ぐるみで推奨し、2017年度の総残業時間は前年比で39.8%減少しました。

 

また、夏季休暇・冬季休暇との連結した有給休暇取得を推奨するなど、有給休暇利用についても推進しています。

・有給休暇取得率: 54.6%(2014年度)→67.2%(2017年度)

女性活躍を支援する健康管理の取り組み

 当社では企業理念を「環境・生命・人材を大切にする会社であり続ける」と定めており、その中で人材を大切にするという言葉を形にしたものの一つが、わが社の健康経営への取組になっています。

 社員に健康でイキイキと働いて欲しいと願い、年齢階級別、性差別のきめ細やかな健康管理を実施しています。

 特に、女性は世代ごとに違う健康課題が訪れがちであり、体の不調が影響し、思うように仕事ができず悩む人も見られます。しかし知識として知っておけば対処できることも少なくなく、本人も職場も納得する形で、その健康課題に見合った働き方を選んでいけることにつながり、ひいてはヘルスリテラシーの向上やパフォーマンスの向上にもつながると考え、女性社員を支援するために、下記取り組みを実践しています。

 

① 乳がん・子宮頸がん検診の導入

2010年から、任意検診を導入し、全国平均受診率よりもかなり高い受診率にて、乳がん・子宮頸がんの早期発見・早期治療に努めています。実績としては、検診導入により早期発見・早期治療例もあり、会社としては両立支援にも取り組み、すべての症例にて職場復帰を実現しています。

 

② 乳がんの自己検診法の啓蒙

検診のみでなく、日頃の自己検診が重要であることから、乳がんモデルを用いて、社内保健師による自己検診法の保健指導を実施しています。

 

③ 女性のためのヘルスアップセミナーの開催

「女性ホルモンの働き」「女性の月経周期」「月経前症候群」「子宮がんをはじめとする子宮及び卵巣の病気について」「乳がんについて」「おりものについて」「健康で美しくなるためのポイント」などの内容に関して、集団保健指導を開催しています。

 

④ 日帰り健康セミナー

わが社のホテルを利用して、グループダイナミックス効果や天地効果などにより、新たな運動習慣を獲得するためのきっかけづくりとして日帰り健康セミナーを定期的に開催しています。女性の健康指導士を招聘し、女性が参加しやすい環境づくりにも配慮しています。

 

今後もさらなる健康支援の質向上に取り組み、ヘルスリテラシーの高い社員育成に取り組んでまいります。

 

1.がん検診の導入

女性に特有の乳がん及び子宮頸がんについては、早期発見でほぼ100%治癒すると言われていますが、恥ずかしさや面倒くささ、正しい知識が獲得できていないなどの理由から全国的に子宮頸がん及び乳がん検診の受診率が低値であるという現状を踏まえ、2010年から、任意検診として乳がん及び子宮頸がん検診を導入し、導入初年度は受診率を高めるために、社内保健師による保健指導を実施し、乳がんモデルによる乳がんの触診体験も各拠点で実施しました。その後は、乳がん、子宮がんに関する保健指導資料を作成して、検診受診に関する啓蒙活動を継続しています。


2.女性のためのヘルスアップセミナーの実施

女性社員がライフステージを通じて、女性特有の身体の特色や働きを知ることで健康管理を適切に行う事で、十分なパフォーマンス力も発揮していただきたいという目的にて、女性のためのヘルスアップセミナーを社内保健師にて開催しました。

主な内容は、女性ホルモンの働き、女性の月経周期、月経前症候群、子宮疾患、乳がん、乳がんの自己検診法、おりもの異常、健康で美しなるためのポイントなどです。

本セミナーは、就業時間中に実施し、参加者にはリラックスしていただく時間となるように、セミナー会場にはアロマを焚き、ハーブティの提供も行いながら、参加しやすい環境づくりにも努めました。

3.日帰りセミナー「ウエルネス・ツーリズムin指宿」の開催

わが社のホテルを利用し、希望者を募り、健康セミナーを定期的に開催しています。女性も参加しやすい環境づくりとして、運動指導の外部講師を女性とする工夫も行い、さらに、生活の質を高めるという視点から女性社員の興味が高いアロマ教室も社内保健師を講師として同時開催し、ルームスプレーを作成して、持ち帰れるようにしました。

男性参加者もありましたが、半数以上が女性参加者であり、グループダイナミックス効果や天地効果などにより、新たな運動習慣を獲得するためのきっかけづくりとしています。

障がい者雇用、活躍促進

新日本科学グループでは2011年1月21日、鹿児島県内で初めての認定となる障がい者雇用促進を目的とする特例子会社、「ふれあい・ささえあい株式会社」を設立しました。同社は、障がいのある方々の雇用機会を拡大し、安心かつ継続して就労できる職場を提供することを目的としており、15人の方が活躍しています(2018/9/1時点)。〔2018/10/1現在の障害者雇用率は、法定雇用率2.2%を超える3.1%〕

2016年9月5日MBC南日本放送「ふるさとかごしま」にて、当社の障害者雇用の取り組みと、当社子会社のふれあい・ささえあい㈱が紹介されました。  

https://www.youtube.com/watch?v=3xQ6pBtBfm8

高齢者雇用

60才以降の希望者全員の就業機会を確保しています。また、70歳以上の方が8名(顧問、理事等含めると11名)が活躍しています。(2018/9/1時点)

多国籍人材の雇用

グローバル企業として、多様な国籍や文化の人財が活躍する職場づくりに取り組んでいます。5か国12人の外国出身の方が活躍しています(2018/9/1時点)

社外からの評価

・くるみん認定(2009)

厚生労働省から子育てサポート企業として認定を受けました。

・えるぼし(3段階目)認定(2016)

女性の活躍推進に関する状況等が優良な企業として、女性活躍推進法に定められた厚生労働大臣の認定を南九州(鹿児島・熊本・宮崎)で初めて受けました。


・鹿児島県 女性活躍推進優良企業表彰(2017)

女性の活躍推進に関する状況等が優良な企業として、知事表彰を受けました。

https://www.pref.kagoshima.jp/ab15/kurashi-kankyo/danjokyoudou/joseikatuyaku/hyoushou2017.html

 

・ホワイト500選定(2016, 2017)

地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している企業として経済産業省と日本健康会議が共同で認定する「健康経営優良法人(ホワイト500)」に選定されました。

・障害者雇用優良事業所として理事長努力賞を受賞

平成27年度障害者雇用優良事業所として理事長努力賞を受賞致しました。