2008年 学会発表一覧

第24回日本毒性病理学会総会・学術集会

 

・カニクイザルの卵管にみられたMüllerian Tumor

 

第81回日本薬理学会年会 薬理学会

 

・Mechanism of sex differences in cardiac electrophysiological properties in cynomolgus monkey cardiac muscles

 

Society of Toxicology's 47th Annual Meeting

 

・Evaluation of sex differences in electrophysiological properties using cynomolgus monkey cardiac muscles

・Effects of in utero and lactational exposure to 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin (TCDD) on reproductive function in male rhesus monkeys

・T-cell dependent antibody response in cynomolgus monkeys for immunotoxicity evaluation

 

第145回 日本獣医病理学会シンポジウム

 

・サル類の病理~1)肝臓・消化管の背景病変

 

日本実験動物科学技術2008

 

・モルモットを用いた喘息モデルの確立

 

第35回日本トキシコロジー学会学術年会

 

・心筋障害のバイオマーカーであるトロポニンのカニクイザルにおける臨床的意義

・Comparison of fetal and neonatal lymphocyte development in cynomolgus monkeys

 

第48回日本先天異常学会学術集会

 

・ダイオキシンの胎生期・授乳期曝露を受けた雄アカゲザルの生殖能

 

第15回 実験病理組織技術研究会

 

・イヌの腰椎椎間板における病理組織標本作製法の検討

・長期保存スライド(HE染色)のについて品質調査

 

第17回サル類疾病国際ワークショップ

 

・カニクイザルを用いた生殖発生毒性試験の有用性と実際

・カニクイザル関節炎モデルについて-その特徴と骨格筋の病理組織学的検査に着目して-

 

Safety Pharmacology Society's 8th Annual Meeting

 

・Utility of an in vitro study of cynomolgus monkey papillary muscle for the prediction of drug-induced torsade de pointes

 

第15回日本免疫毒性学会学術大会

 

・BALB/cマウスを用いた経口投与による光毒性評価に関する検討

・CBAマウスを用いたBrdU法によるLLNA(Local Lymph Node Assay)のバリデーション試験

 

第20回 JSTP スライドカンファレンス

 

・サル類の自然発生病変(腎臓)

 

第28回日本実験動物技術者協会九州支部研究発表会

 

・カニクイザル由来試料の輸出における 輸出許可書の取得について

 

関西実験動物研究会 第100回記念大会

 

・気道内への直接曝露による喘息モデル作成の確立

 

日本環境変異原学会 第37回大会

 

・Establishment of a simple in vitro comet assay method and its validation