WaVe Life Sciences Ltd.

WaVe Life Sciencesでは、核酸誘導体を用いた次世代の治療薬開発を進めています。
核酸誘導体(RNA)が最新の研究により局所的疾患の治療薬としての期待が高まっているなか、WaVe Life Sciencesでは以前からの研究の結果、核酸医薬の立体異性体を作り分ける立体制御技術を確立し、天然型に比べてより安定性に優れ生体内で酵素にて分解されにくい、リン原子修飾核酸誘導体の不斉合成に成功いたしました。、その新技術を使った核酸医薬の実用化・事業化を目指しています。

WaVe Life Sciencesは、上記核酸の不斉合成を開発した東京理科大学和田教授(設立当時東京大学准教授)と、核酸研究で世界的に有名な、ハーバード大学のGregory L. Verdine教授という、世界有数の科学者2人によって設立されました。同社は日本(沖縄)にあるバイオテクノロジー研究開発センターと、米国(マサチューセッツ州)にあるハーバード大学キャンパス内の施設で研究を進めています。

43_シャーレと人.png